安岡正篤 一日一言 1月


安岡正篤 一日一言 1月

安岡 正篤 一日一言 1月1日

【年頭自警】

一、年頭まず自ら意気を新たにすべし

二、年頭古き悔恨(かいこん)を棄(す)つべし

三、年頭決然滞事(たいじ)を一掃すべし

四、年頭新たに一善事を発願(ほつがん)すべし

五、年頭新たに一佳書を読み始むべし

*安岡 正篤 おすすめの本(名言集):一日一言

六中観 [正篤 ]

忙中 閑有り。 苦中 楽有り。
死中 活有り。 壺中 天有り。
意中 人有り。 腹中 書有り。

甲寅正月 無以会同人 敬しんで呈す
亀井老契 座右

「私は平生窃(ひそ)かに此の観をなして、
如何なる場合も決して絶望したり、 仕事に負けたり、屈託したり、
精神的空虚に陥らないように心がけている。」と。

安岡 正篤(やすおか まさひろ)
1898年(明治31年)2月13日-1983年(昭和58年)12月13日)
陽明学者・思想家。
安岡には政界だけでなく、財界にも多くの心酔者がおり、
三菱グループ・近鉄グループ・住友グループ・東京電力など
多くの財界人をも指南していたとされる。
終戦時、昭和天皇自身によるラジオ放送の終戦の詔書発表(玉音放送)に加筆し
原稿を完成させたことから皇室からも厚い信頼を受けていた。
数々の伝説を残し、政界・財界・皇室までもが安岡を頼りにしていたことから
「昭和最大の黒幕」と評される。

人物を修める [ 安岡正篤 ]

青年の大成 [ 安岡正篤 ]

安岡正篤 一日一言 1月2日

安岡正篤 一日一言 1月3日

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加